個人開発の広がるアプリを支える「mBaaS」

スマホ所有者の増加に伴って、スマホアプリの数も日々増えています。とはいえ、すべてのアプリが成功するわけではなく、「App Store」「Google Play」には、企業の大小にかかわらず、毎日新しいアプリが登録され、毎日消えていっているのが現状です。人気アプリを作るのは厳しいといえますが、逆にいうと、魅力的なものであれば、中小企業や個人が制作したアプリが成功する可能性もあるといえるのです。

続きを読む

アプリは火事場の馬鹿力?防災に寄与するスマホアプリ

「東日本大震災」を境に、人々の自然災害に対する防災意識が高まっています。さかのぼれば、「阪神・淡路大震災」、近年の大雨、洪水、土砂崩れなど、この国に暮らすかぎり、自然災害の脅威にさらされているといっても過言ではありません。そのような背景から、国、地方自治体などをはじめ、IT関連企業が防災アプリに力を注ぎ始めています。

自然災害に対する防災アプリにはどんなものがあるのか?

現在もすでに複数の「防災アプリ」がリリースされていますが、その目的や仕様はさまざまで、

  • 地域性の高いもの、または全国単位のもの
  • 避難場所を指示してくれるもの
  • 安否確認ができるもの

そのほか、上記の要素をひとつにまとめた総合的なものなどがあり、ユーザーは自分の生活環境に合ったものを選択することができます。

代表的なアプリとしては、「防災速報(無料/ Yahoo! Japan)」や「goo防災アプリ(無料/goo)」といったものがあります。また、全国の避難所や給水拠点、医療機関などを網羅した「防災情報 全国避難所ガイド(無料/ファーストメディア株式会社)」など、特定の災害情報に特化したアプリもリリースされています。

続きを読む

あなたは知っていますか?無料Wi-Fiスポットに潜む脅威を…

スマートデバイスユーザーにとって魅力の高い「無料Wi-Fiスポット」。コンビニやカフェなどでも目にするようになり、外出先で何の気なしに活用している人も多いのではないでしょうか。利便性という意味で利用価値の高い無料Wi-Fiスポットですが、実はセキュリティに問題があるものも決して少なくありません。今回は、無料Wi-Fiのセキュリティに関する驚きの調査結果や、こういったサービスを利用してアプリ開発やそれに関わる業務を行う場合に気をつけたいポイントや対策を紹介します。

続きを読む

高齢者向けサービスで重要になってくる音声入力

最近テレビCMで、スマホに話しかけるシーンを見ることが多くなってきました。音声認識技術の進化によって、便利な音声アシスタントが出現したのです。音声アシスタントを使えば、面倒な文字入力から解放されます。とはいえ、音声入力機能自体にまだまだいろいろと制限があり、CMのように日常的に利用されているとは思えません。一方で、音声入力機能の進化に大きな期待を抱いているのが高齢者の方々。今回は音声アシスタントの現状とともに、高齢者向けに音声入力によるサービス提供が重要になってくる背景について、考察してみたいと思います。

続きを読む

「そうだ、ハッカソン行こう!」-2016年、アプリ開発者にオススメのハッカソン5選

最新技術に触れられる、ゼロからのアプリ開発を体験できる、人脈が広がる……などなど、さまざまなメリットがあり、ここ数年、開発者の間でじわじわと人気が高まりつつあるハッカソン。興味はあるけれどなんとなく参加のきっかけを掴めずにいる、というアプリ開発者の方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、今年こそハッカソンに参加してみたいと考えているアプリ開発者の方に向けて、オススメのハッカソンを5つご紹介します。

続きを読む

ブログ更新をメールで受け取る

最近の投稿