NEW IoT時代のセキュリティ ユーザーが懸念しているポイントとは

スマートカー、スマートウォッチ、スマートハウスなど、私たちの毎日の生活をより便利なものにしてくれるIoT技術の市場への進出が始まっています。しかし、こういったIoTの発展とともに、セキュリティ面での心配も出てきています。今回は、こういったデバイスを実際に使用するユーザー側の目線から、どのような懸念があるのかをまとめました。

続きを読む

NEW M2Mの標準化プラットフォームが登場!標準化はなぜ必要なのか?

M2Mの標準化団体「oneM2M」が、共通プラットフォームを正式発表ました。M2Mの規格を標準化することは、M2Mが広く普及するために欠かせないといわれています。標準化をめざすoneM2Mと共通プラットフォームの概要、そして、M2Mプラットフォームが標準化されることのメリットをご紹介します。

続きを読む

NEW IoTの開発や運用をさらに便利にするカギはSDKとプッシュ通知の活用にあり!

注目の高まるIoTですが、スマートフォンアプリ開発などに比べるとまだハードルの高いイメージがあるのも事実です。IoTの開発や運用をスムーズに行うには、どうしたらよいのでしょうか? デバイスからスマートフォンなどへの接続を行うためのSDKの活用および、ユーザーへのスムーズな情報伝達を行うプッシュ通知活用のポイントをご紹介します。

続きを読む

NEW IoTサービスの結晶、スマートハウスとは

IoT(Internet of Things)の技術を生活レベルで結集させたのがスマートハウス。衣食住の一角として、最も一般人の日常に近づいたIoTの事例といえるかもしれません。その全容について解説します。

続きを読む

NEW アプリのアクティブ率アップには、ユーザーと「つながり続ける」ことが必要

競争の激しいスマホアプリの世界。いくらダウンロード数が伸びたとしても、必ずしもユーザーに継続して使ってもらえるとは限りません。アプリを使い続けてもらうには、ユーザーとつながり続け、アプリの存在を忘れられないような対策が必要となります。

アクティブ率アップのための施策というと、プッシュ通知がまず思い浮かびますが、それ以外にもアイデア次第でさまざまな方法が利用可能です。他のユーザーを経由したユーザーの呼び戻しやリアルとの融合、他のメディアの活用など、ユニークなアイデアでユーザーとの関係性の維持に成功している事例をご紹介します。

続きを読む

NEW モバイルアプリ開発を成功させるために~力強い味方 mBaaS

前回の「アプリ開発を成功させるために~開発現場のリスクを知ろう」では、システム開発の現場で発生する問題点やリスクについてお話ししました。今回はリスクに対応する方法や、mBaaS(mobile Backend as a Service)を利用したソリューションについて解説します。

続きを読む

NEW アプリ開発を成功させるために~開発現場のリスクを知ろう

アプリとバックエンドサービスのシステム開発をフルスクラッチする場合、どんな苦労があるのでしょう? 企画担当者からみると、システム開発の現場はブラックボックス化されていて、何が起こっているのかわからないことが多いと思います。今回は、システム開発の現場で発生する問題点やリスクを解説します。

続きを読む

NEW アプリ開発の外部調達にかかる開発費用はいくら?

アプリの開発を外部調達する場合、それぞれの工程にどのくらいの費用がかかるか、問題点は何かを理解したうえで、どのくらいの規模のプロジェクトにすべきかの判断を行う必要があります。思っていた以上にランニングコストがかかることもあるので、実際にどのような見積もりになるかを念頭に置きながら、ベストな発注の仕方を考えてみましょう。

続きを読む

NEW 市場規模拡大中!mBaaSサービス選びの勘どころ

年々市場規模が拡大しているmBaaS。導入を考えている企業も多いことでしょう。数多くのmBaaSサービスからどれを導入すべきかを検討する際には、どういった点に着目したらよいのでしょうか。ここでは複数のmBaaSサービスからどのような観点で選んだらよいのか、そのポイントをお伝えします。

続きを読む

NEW 2015年上半期、世界の展示会で注目されたIoT&ウェアラブル端末最新情報

近年私たちの生活に浸透しつつあるIoTやウェアラブル端末。現在も日々進化し続けており、新しいソリューションが次々と生み出されています。そこで今回は、2015年の上半期に世界の展示会で注目された製品をピックアップしました。ぜひ最新情報をキャッチアップしてください。

続きを読む

NEW mBaaSも活躍!ユニークなIoTが誕生する世界のハッカソン

参加者がアイデアや技術を持ち寄り、限られた時間のなかでひとつの作品を作りあげるハッカソン。さまざまなタイプのものが世界各地で開催されていますが、最近はそのなかでもmBaaSが活用されるケースが目立つようになりました。特にIoTの製作においてmBaaSの活用は欠かせないものとなっています。具体的にどんな作品が作られているのでしょうか? 世界各地で開催されたハッカソンの様子をご紹介します。

続きを読む

NEW アプリをリリース後、心ないレビューに心が折れないようにする心構え

ネイティブアプリをリリースする敷居は日に日に下がってきています。

さまざまなツールが提供され、ノウハウも蓄積し、頑張れば誰でもアプリをリリースできるようになってきました。

しかし、自分一人が頑張っても、それだけでは足りません。やはり多くの見知らぬ人が使ってからが勝負の世界。どんなアプリでも、使ってくれるのがあなたのおばあちゃんだったら、よくできたねえ~、すごいねえ~と褒めてくれて、近所の老人会でもシェアし、最高のアーリーアダプターになってくれることでしょう。しかし、見知らぬ人というのはあなたに対して、アプリの一提供者という認識しか持っていません。手元にあるアプリが快か不快か、その時の判断で手厳しい意見を述べる方が多いのが現状です。

これはひとつの通過儀礼なので、いちいち落ち込んだりせずにいきましょう。あなたがすべきことは、落ち込むことではなく適切な改善です。これはアプリのみならず人生全般にいえることでしょう。

アプリを作成するうえで大切な、心が折れない心構えについてご紹介します。

続きを読む

NEW アプリサービスインはゴールでなくスタート~運用フェーズに入ったら

アプリサービスイン後に始まる運用フェーズ。サービスの運用以外にも、利用者を獲得して利益を出すためにすべきことは多くありますが、アプリの企画担当者からみると、運用作業についてわかりにくい部分があるのではないでしょうか? 今回は具体的なイメージをもっていただけるよう、運用作業についてご紹介したいと思います。

続きを読む

NEW 今すぐ導入すべき!?アプリにプラスの価値をもたらすプッシュ通知とは

使い方によっては、利用率を上げたり、リアルタイムに情報を提供できたりとプラスの効果が高いプッシュ通知。ただし、配信する内容やタイミングがユーザと合わないと、アプリ削除の契機になるといったマイナスの効果もあります。今回はプッシュ通知の利用法を整理し、プラスの効果となる考え方を解説します。

続きを読む

NEW アプリ開発環境を簡略化するmBaaSで省けること

アプリ開発のバックグラウンドを一通り揃えているmBaaS(mobile backend as a Service)。

mBaaSを使えば、さまざまなサーバ機能がすべて、SDKのAPI経由で利用でき、アプリ部分を開発するだけで、アプリをリリースすることができます。

ユーザ管理、データ管理、プッシュ通知等の機能が揃っており、車輪の再発明をせずにアプリ開発を簡略化できます。

まとめると、以下のものが大きく省ける部分です。

続きを読む

NEW サーバ運用とはさようなら!?プッシュ通知をmBaaSで実装するメリットとは

「プッシュ通知」は、今やスマートフォンアプリの特色を出すために、開発者にとって最も欲しい機能のひとつといっても過言ではないでしょう。アプリ開発者にとって、アプリにデータ更新確認の自動化という特色を持たせることとデバイス画面上で存在を“主張”することができることから、巷にあふれるアプリに埋没してしまうのを防ぐことができます。また、アプリユーザーにとっても、情報更新のために手を煩わされることがない素晴らしいインターフェースです。

そんなプッシュ通知をmBaaSで実装するメリットをご紹介します。

続きを読む

NEW IoTの最先端を担うセンサってどんなものがあるの?

IoTの最先端を担うセンサってどんなものがあるの?IoT(Internet of Things)が話題になっています。

IoTの最先端を担うセンサの小型化により、携帯電話やパソコン以外の端末にも取り付けることができるようになり、膨大なデータが集約される時代になりつつあります。

重要なのはデバイス側にデータを送るセンサです。センサは、人間が肉眼で可視化できないものを数値化します。これにより、データの採取を可能とし、IoTの進化を支えています。

センサが取り付けられることで、さまざまなものの動向をデバイスがデータとして受け取ることができます。

センサにはどんな種類があるのでしょうか。

続きを読む

NEW 注目のIoT事例に学ぶ!ヘルスケア市場でのウェアラブルデバイス活用術

消費者の健康に対する意識が向上するなか、ヘルスケア関連のウェアラブルデバイスへの注目も高まっています。その理由は、こういったウェアラブルデバイスがユーザーの日常生活からさまざまなデータを得ることで、それをダイエットや健康管理へと役立てることを可能としてくれる心強い味方だからです。

IoTが進化を続ける今、消費者の生活に深く関わるヘルスケア市場の未来は、成功を収める大きな可能性を秘めています。そこで今回は、いくつかの事例をもとに、いかにしてこの分野でウェアラブルデバイスを活用させていくべきかを考えてみましょう。

続きを読む

ブログ更新をメールで受け取る

最近の投稿