個人開発の広がるアプリを支える「mBaaS」

スマホ所有者の増加に伴って、スマホアプリの数も日々増えています。とはいえ、すべてのアプリが成功するわけではなく、「App Store」「Google Play」には、企業の大小にかかわらず、毎日新しいアプリが登録され、毎日消えていっているのが現状です。人気アプリを作るのは厳しいといえますが、逆にいうと、魅力的なものであれば、中小企業や個人が制作したアプリが成功する可能性もあるといえるのです。

続きを読む

ユーザーにフラストレーションを与えない!効果的なプッシュ通知設定

アプリのUIを設計する際には、デザインだけではなく、UXの設計も重要です。UXの最適化には多くのアプローチがありますが、その中には学術的なものもあります。今回は、プッシュ通知に関するアプローチをご紹介します。

続きを読む

競争激化!これからのスマートホームをコントロールするハブデバイス/サービスは?

家庭内のさまざまな機器をIoTによるネットワークでつなぐ「スマートホーム」。4月から家庭向けでも電力の自由化が始まり、各家庭では、これまでの大手電力会社の既存プランでない、ライフスタイルに合った電力消費が可能になると期待されています。そうした状況下では、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)をはじめ、自宅での電力状況を可視化し、電力消費を最適化したスマートホームの存在感が高まっていくと考えられます。スマートホームの根幹をなすホームゲートウェイとして、さまざまなIoTデバイス/サービスに可能性が見られます。どんなデバイスにどのような機能が備わっているか、確認していきましょう。

続きを読む

あったら便利。シニア向けアプリとプッシュ告知を考えてみた

団塊の世代のリタイアが始まり、日本は本格的な高齢者社会を迎えています。そのような状況も手伝ってか、シニアのIT利用数も増えており、パソコン、タブレット、スマホを持つ年配者も珍しくありません。2017年には、ソフトバンクが一部3Gサービスの提供を終了すると発表しており、今後はスマホ利用が確実に増えると考えられます。これに伴い、新たなシニア向けのアプリが求められる可能性も高いといえます。

続きを読む

アプリは火事場の馬鹿力?防災に寄与するスマホアプリ

「東日本大震災」を境に、人々の自然災害に対する防災意識が高まっています。さかのぼれば、「阪神・淡路大震災」、近年の大雨、洪水、土砂崩れなど、この国に暮らすかぎり、自然災害の脅威にさらされているといっても過言ではありません。そのような背景から、国、地方自治体などをはじめ、IT関連企業が防災アプリに力を注ぎ始めています。

自然災害に対する防災アプリにはどんなものがあるのか?

現在もすでに複数の「防災アプリ」がリリースされていますが、その目的や仕様はさまざまで、

  • 地域性の高いもの、または全国単位のもの
  • 避難場所を指示してくれるもの
  • 安否確認ができるもの

そのほか、上記の要素をひとつにまとめた総合的なものなどがあり、ユーザーは自分の生活環境に合ったものを選択することができます。

代表的なアプリとしては、「防災速報(無料/ Yahoo! Japan)」や「goo防災アプリ(無料/goo)」といったものがあります。また、全国の避難所や給水拠点、医療機関などを網羅した「防災情報 全国避難所ガイド(無料/ファーストメディア株式会社)」など、特定の災害情報に特化したアプリもリリースされています。

続きを読む

ブログ更新をメールで受け取る